修理に出す前にこれだけは押さえておきましょう!

>

バックアップは普段から取っておくと便利です!

サーバーに保存する場合

サーバーに保存する方法は、使っている機種によって違いがあります。
基本的には機種の「設定」からサーバーにバックアップをする設定がありますので、連絡先など必要な情報にチェックを入れれば自動的にサーバーにバックアップが取れます。

使用できるストレージ(データの量)は機種や契約によって違ってきますので、データが多すぎるとストレージが足りなくなることがあるかもしれません。そんな時は別料金になりますがストレージを増やす契約を結ぶこともできます。
ただし、機種によっては「写真・動画」はサーバーにバックアップできないものもありますので注意が必要です。(サーバーに保存できる写真アプリもあります)

端末本体ではなく、全ての情報をサーバーに保存をしておくようにすると、いざと言う時に基本的なデータに関してはほぼ一つのIDとパスワードで済みますので楽かもしれません。

SDカードに保存する場合

SDスロットがある機種では、写真や動画、連絡先などのデータをSDに保存することが出来ます。
ただしアプリのデータやWi-Fi設定などの引継ぎはほぼ保存出来ないようです。機種によって違ってきますので、確認をしましょう。

また、方法も機種によって様々です。
最近の機種は「設定」から「SDカードへバックアップ」で必要なデータがSDカードへ移行できますが、2015年以前の機種に関してはSDカードへバックアップするためのアプリが必要な場合もあります。
(現在でも「便利機能のついた移行アプリ」は沢山あります。)

普段から必要な情報はSDカードに保存をしておくと、いざと言う時にとても簡単な方法でデータを復元させることが出来ます。また、SDカードのメリットとしては、SDスロットがあるパソコンなどとの「写真・動画」などのやり取りが非常にスムーズと言う点もあげられます。