バックアップは普段から取っておくと便利です!

スマホが壊れた時に一番心配なのは中に入っているデータです。 修理に出す時は「修理により中のデータがすべて消えても責任は取れません」と言われてしまいます。 壊れた際、もしまだスマホが動くようだったら、必ずバックアップを取っておきましょう。 大事な写真や連絡先などが分からなくならないように準備をします。

いざという時に困らない為にも!

修理に出す状態になった時にスマホが動作すれば、修理前にバックアップを取っておくことは可能です。 しかし、スマホが動作しない状態の時は最悪の場合、中のデータがすべて消えてしまう可能性があります。そうならない為にも、普段からまめにバックアップを取っておきましょう。

SNSやアプリのアカウント・パスワードの確認

SNSのアカウント(ID)・パスワードを確認しましょう。アカウントはアプリケーションの個人設定を見れば確認をすることができます。また、ゲームなどは各アプリによって引継ぎの仕方が違いますのでアプリに内にある「ヘルプ」を参考にして手続きをしましょう。

おすすめリンク

大阪で信頼出来るiPhone修理店

安いのに信頼できると評判のiPhone修理店が大阪にはあります。料金を他社と比較してみると驚き!

データを確認できるうちにバックアップを取りましょう

スマホを修理に出すという状況では、もしかするとスマホ自体が反応しなくなっている場合も考えられます。その場合はまず再起動を試みてください。
色々試しても画面が黒い場合は、もしかすると修理に出しても中身のデータが消えてしまうかも…
修理に出す前に「中のデータが消えてしまい初期化されてしまう事があることをご了承ください」にサインをしなくては修理を受け付けてもらえません。困った…
なんて言う事の無いように、普段からスマホ内のバックアップを取っておくといざという時に非常に便利です。

修理に出す時にまだスマホが反応している場合は、修理に出す前に必ずバックアップを取っておきましょう。
機種変更をする時と同じ方法です。新しいスマホに昔のデータを移す際には必ず前のスマホのデータをバックアップをするかと思います。同じ手順でバックアップしておくといいでしょう。

スマホのデータは、端末本体かサーバーで管理・保存をしています。
そして、サーバーでのバックアップを取る際は必ずID・パスワードが必要になります。
IDは簡単に確認が取れますが、パスワードに関しては忘れてしまうと非常に面倒な手続きが必要になることもあります。最悪の場合はアカウント停止になってしまう事もありえます。
特にAppleIDやGoogleアカウントに関しては、ゲームやアプリと連動している事も多々あり、アカウント停止になってしまうとそれらのアプリのデータも無くなってしまいます。

バックアップにはIDとパスワードがいかに大事か非常に身に沁みますね。
それらについても書いていきますので、是非、最後までお読みくださいませ!